ボトックス小顔でモデル顔に変身【よく利用している治療法】

サイトメニュー

種類や利用におけるルール

注射

さまざまな方法が存在する

顔の大きさが気になる女性は多いため、小顔整形に興味を持っている人も少なくないと言えますが、実はその整形方法にはさまざまな種類があります。まず挙げられるのは「ボトックス注射」と呼ばれるものであり、注射だけの簡単な治療で済むことや費用が安いことからプチ整形の一つとして知られています。ボトックス注射は、筋肉を収縮させる効果のある薬剤を顔のエラ部分に注射することによって、小顔を実現するという整形方法になると言えるでしょう。そして効果の持続期間は3〜6ヵ月程度であり、その3〜6ヵ月おきに施術を複数回繰り返すことによって小顔の状態を定着させることが出来るようになるという特徴があります。プチ整形のものとしては他にも「脂肪溶解注射」と呼ばれるものがあり、脂肪を溶かす薬剤を注入することによって、フェイスラインをスッキリさせることが可能です。ボトックス注射はエラ部分の筋肉が張っている場合に効果があると言えますが、脂肪溶解注射は、脂肪によって顔が大きく見える場合に有効な方法だと言えるでしょう。そして、プチ整形ではなく本格的な整形方法としては、「骨削り」と呼ばれる方法があり、文字通り手術で骨を削ることによって小顔を実現させます。骨削りは大掛かりな手術になるため身体への負担も大きいですし、費用も50〜200万円程度とかなり高額になってしまいます。しかし骨削りの整形方法は、骨格レベルで顔を小さくすることが出来るため効果は絶大ですし、一度手術をすれば半永久的に小顔の状態を維持することが可能でしょう。小顔整形のボトックス注射は、美容整形を行っているクリニックや病院で施術を受けることができますが、利用する際は守るべきルールやマナーがあると言えるでしょう。施術を受ける際は、まずはカウンセリングが行われてから施術方針が決められ、その上で実際の施術が行われる流れになるのですが、そのカウンセリングを受ける際には予約が必要になります。しかし一度予約を入れたものの、後で都合が悪くなってクリニックへ行けないという事態になった場合は、早めに連絡して予約をキャンセルすることが重要だと言えるでしょう。これは、ギリギリになってキャンセルするとクリニック側へ迷惑がかかるというマナーの問題もありますが、違約金が発生するなどのルール面での問題が発生する場合もあるからです。多くのクリニックではキャンセルが可能な期限が設けられており、場合によっては期限を過ぎたキャンセルに違約金を科すというルールが設けられているケースがあります。ですので、小顔整形のボトックス注射などで初めてクリニックを利用する場合は、キャンセルが出来る期限やそれに伴う違約金について事前に確認しておくことが重要だと言えるでしょう。そして、未成年でボトックス注射の施術を受ける場合は、保護者による同意が必要になってくるため、初めて利用する場合は特に気を付けておくことが大切です。この保護者の同意に関しては、施術の申し込みをする場合に保護者に同伴してもらうか、もしくは保護者の同意書を用意することが必要になってくると言えるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス小顔でモデル顔に変身【よく利用している治療法】 All Rights Reserved.