ボトックス小顔でモデル顔に変身【よく利用している治療法】

サイトメニュー

小さな顔を実現する方法

看護師

骨は削らなくても大丈夫

医療の力を借りれば、顔を小さくすることができるので、コンプレックスを感じているのなら施術を受けてみましょう。しかし、骨を削るという大がかりな手術が必要となると考えて、決心がつかない方もいるはずです。ですが、現在では骨を削って顔を小さくする方法ではなく、筋肉を小さくすることで小顔を実現するボトックスという方法が存在しています。かなり前に登場した方法なので、安全性も確認されているため、大きな顔に悩んでいるのなら施術を受けることを検討しましょう。なお、ボトックスを受けたいのなら、まずは美容という名称が施設名にあるクリニックを探す必要があります。美容クリニックや美容皮膚科や美容外科など、いろいろな名称の医療施設がありますが、どこに訪れてもボトックスに対応している可能性が高いです。ちなみに普通の皮膚科や外科では、治療ではない美容的の施術には対応していないので、探すだけ無駄だといえます。そして、ボトックスに対応する医療施設の中から、小顔の施術を受けたいところを見つけたら、次はドクターやスタッフの説明を聞くために実際にクリニックに訪れましょう。そこで詳しい説明を専門家からしてもらい、施術を受けてもよいと決心できたのならば、後は実際に施術を行ってもらうだけです。ボトックスは骨を削るような大変な準備が必要な施術とは違い、注射を一本打つだけで終わります。そのため、説明を受けた直後に施術を勧められる可能性があるので、そのときの対応を自宅で考えてからクリニックに向かうとよいでしょう。ボトックスを受けてみたいと考えていても、本当に注射一本だけで、小顔になれるか不安な方もいるはずです。そのときは、ボトックスの作用を知って不安を取り除くことから始めましょう。施術に使うボトックスは、ボツリヌストキシンのことで、筋肉をゆるませる効果があります。その効果をアゴや頬に使えば、フェイスラインの筋肉がゆるみ収縮して、小顔を実現できます。ただ、説明を聞いてもイメージできない方が多いでしょうから、施術を受けた方の実際の写真を、クリニックに見せてもらって判断するとよいです。ちなみに、ボツリヌストキシンは体に悪影響を及ぼすと聞いて、注射をためらう方もいるでしょう。確かに、大量に摂取してしまうと危険なのですが、医療施設で施術を受ける場合は、過剰摂取の心配はありません。過剰摂取を心配するのなら、普通の処方薬でも同じなので、医療従事者の管理のもとで利用すれば安全なのが理解できるはずです。なお、顔に注射針を刺す施術なので、どんなに気をつけていても、多少の影響が皮膚にでます。基本的には、2日から3日の間は腫れるので、大事な用事がある前に施術を受けるのはやめておきましょう。もし、何かしらのイベントに備えて、顔を小さくしたいのなら、少なくても一ヵ月くらい前までに施術を受けることをおすすめします。それは、ボトックスをエラや頬に注入したらすぐに効果があるのではなく、徐々に聞き始めてくるからです。どうのくらいで効果があるのかは、個人によって異なりますが、クリニックでドクターに聞けば教えてくれます。

Copyright© 2018 ボトックス小顔でモデル顔に変身【よく利用している治療法】 All Rights Reserved.